So-net無料ブログ作成
検索選択

『六ヶ所村ラプソディー』DVD 10/25(土)発売! [nuke]

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

「六ヶ所村ラプソディー」製作プロジェクトより <2008年10月23日>


2008年10月25日(土)

「六ヶ所村ラプソディー」待望のDVD発売!



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━転送・転載歓迎…━




もくじ−−−−−−−−−

◆「六ヶ所村ラプソディー」待望のDVD発売!
◆ 鎌仲監督メッセージ
  —「六ヶ所村ラプソディー」DVD発売に寄せて—
◆ 上映会&トークスケジュール
◆ 鎌仲監督 新作撮影開始!





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ 「六ヶ所村ラプソディー」待望のDVD発売!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2006年3月映画公開後、2年と8ヶ月。
全国各地500ヶ所以上で上映され、今なお上映会が続けられて
いる「六ヶ所村ラプソディー」が、いよいよ10/25(土)DVD発売です!



『六ヶ所村ラプソディー』DVD

発売:グループ現代 販売:紀伊国屋書店
<監督:鎌仲ひとみ/製作・配給:グループ現代/2006年/119分>
    http://www.rokkasho-rhapsody.com/



[DVD特典映像]
・「六ヶ所村ラプソディー」予告編
・「6ラプ日記」(「六ヶ所村ラプソディー」のその後を記録した
         「六ヶ所村通信no.4」制作過程の映像)


この度、グループ現代ではDVD発売を記念して特別価格にて販売します。
ご家庭に1枚。ぜひこの機会にお買い求め下さい。

定価:5040円(税込)⇒ 特別価格:4000円(税込)
            ※送料・手数料別途300円


【ご購入方法】
 DVD代金+送料・手数料別途300円を、
 郵便振替か銀行振込にてご入金下さい。
 入金確認後10日以内にDVDをお届けします。


 お申し込みはこちらから
 ⇒http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2



●「六ヶ所村ラプソディー」DVDは紀伊國屋書店などの
インターネット通販や全国のDVD取り扱い店でもご購入いただけます。

●このDVDに収録されている映像、音声及び文字の使用は
個人家庭内での鑑賞を目的にした使用に限って許可いたします。
有料・無料を問わず、上映に使用することは禁じています。
上映を希望される場合は、グループ現代03-3341-2863へお問い合わせ下さい。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆鎌仲監督メッセージ
—「六ヶ所村ラプソディー」DVD発売に寄せて—

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


映画の完成から2年と8ヶ月。
ようやく皆さんにDVDでお届けできるようになりました。
全国で上映会を開き、会場に足を運びご支援いただいた、
全ての方に心より御礼を申し上げます。
作品で描かれている問題は現在進行形であり、
また同時に私たち自身の暮らしと深くつながっています。
だからこそ映画は全国各地で500回近くも
上映していただけているのだと思います。
六ヶ所再処理工場は遅れているとはいえ、
たった今も稼働に向けて準備がされています。
そして原発建設計画も進められています。56基目が、、
そしてもっと多くの原発がこのままだと建てられてゆくでしょう。
持続可能な未来を実現するにはどうしたらいいのか、
今を生きる私たちに問いかけられています。
ぜひ、多くの方が作品を観て、語り合うきっかけになりますようにと
願っています。


                                鎌仲ひとみ





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆上映会&トークスケジュール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


全国の上映会スケジュールです。

●「六ヶ所村ラプソディー」
http://www.rokkasho-rhapsody.com/_schedule/calender

●「六ヶ所村通信」
http://ameblo.jp/rokkasho/entry-10094638523.html

●鎌仲監督のトークスケジュールはこちら
http://ameblo.jp/rokkasho/theme-10001987518.html

アウトドアウェアメーカーのパタゴニアのサイトに
鎌仲監督のエッセイが掲載されています。
●【神聖な場所を侵すもの】
http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=34087

☆パタゴニアのストアイベント スピーカーシリーズに
鎌仲監督トークがあります。
11月19日(水)東京・渋谷ストア、11月20日(木)大阪・江阪ストア
詳細は後日、パタゴニアHPよりhttp://patagonia.com/japan






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◆ 鎌仲監督 新作撮影開始!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


現在、鎌仲監督は「六ヶ所村ラプソディー」につづく
新作「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)にむけて
撮影をはじめています。年内には新作のHPを立ち上げ、みなさんに
最新情報をお伝えできるように製作スタッフ一同準備しております。
今後ともみなさまからのご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。





============================================================================
『六ヶ所村ラプソディー』製作プロジェクト(担当:巌本、藤井)

HP:http://www.rokkasho-rhapsody.com/ Blog:http://rokkasho.ameblo.jp
E-mail:distribution@g-gendai.co.jp 
【グループ現代】〒160-0022 東京都新宿区新宿1-11-13トラスト新宿ビル4F 
Tel: 03-3341-2863 Fax:03-3341-2874
============================================================================
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

柏崎刈羽原発の閉鎖を訴えて、新潟日報に1ページの意見広告を出しましょう! [nuke]

【転送・転載 よろしくおねがいします】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
柏崎刈羽原発の閉鎖を訴えて、
新潟日報に1ページの意見広告を出しましょう!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 東京電力と国は、柏崎刈羽原発の再開を画策しています。いくつ
もの検討委員会がひんぱんに開かれていますが、傍聴していると、
こんな議論でいいのかと強く感じます。新潟県の人たちがそれを聴
いていたら驚き、あきれ果てるのではないでしょうか。

 1980年代から、変動地形専門の研究者には柏崎平野の活褶曲構造
は知られており、沖合には海底活断層が存在し、長さも23キロメー
トルを超えることは容易に推定されました。電力業界と経済産業省、
および審査にあたった一部の「専門家」はそれを無視していました。
とにかく、原発をつくることが最優先され、安全性は軽んじられて
いたのです。その反省がないまま、またも無責任な議論が再開を第
一に繰り返されています。
 1月末には、国際原子力機関(IAEA)の第二次調査団が現地を訪
問する予定です。また2月26〜27日には柏崎で、国際シンポジウム
が予定されています。「地震の影響を受けた機器の健全性評価、地
盤変状の影響とその対策、および防災・火災防備に焦点をあて」、
日本原子力産業協会の主催です。これらは、再開のお墨付きを与え
るのではないでしょうか。

 一方で、新潟県民には情報がきちんと届いていないのではと心配
です。あんな豆腐のような地盤を技術的に強固なものにできるの?
 地震動のS1とかS2と言われても、もうひとつぴんとこない。安全
余裕がたっぷりあったと国は言うけれど、ほんとうなの?とさまざ
まな問いが寄せられています。
 私たちが疑問に思っていることを、国の検討委員会はどう説明し
ているのか。そのことに私たちはどう反論し、そうではないと主張
しているのかを、新潟県民のみなさまへわかりやすくお知らせしよ
うと考えています。「柏崎刈羽・科学者の会」が精力的に検討をお
こなっています。最初の公開質問状にはすでに回答があり、次の公
開質問状が準備されつつあります。国側の矛盾がちらちら見えてい
ます。

 2月末の柏崎での国際シンポを聴いたうえで、それへの意見を含
めて、新潟県民のみなさまが再開の是非を判断するときの資料を、
新潟日報の1ペ−ジ全面に意見広告として掲載したいと考えていま
す。これは新潟県の人たちだけではなく、脱原発を願う全国の人た
ちの思いでもありましょう。一人でも多くの個人、団体に賛同のカ
ンパをお願いしたいと思います。まわりの人たちにもぜひ呼びかけ
てくださいませんか。
★掲載期日:3月中旬、国際シンポ後のできるだけはやく、をねらう。

★基金目標:掲載日までに、300万〜350万円
個人1口:1000円
団体1口:3000円

■振込先■
郵便振替:00140-3-63145
加入者名:原子力資料情報室

※なお、振替用紙には、意見広告カンパと明記しお名前の公表の
 可否にもお答えください。
呼びかけ:原子力資料情報室、原水爆禁止日本国民会議
協  力:柏崎刈羽原発反対地元3団体
事務局:原子力資料情報室
--------------------
原子力資料情報室
このアドレスは各スタッフが共用しています ================================ 特定非営利活動法人 原子力資料情報室 (CNIC) Citizens' Nuclear Information Center 〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801 URL: http://cnic.jp/ MAP: http://cnic.jp/map.html ===================================== ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 無料メールマガジン “CNIC EXPRESShttp://www.mag2.com/m/0000066670.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

さようなら柏崎刈羽原発、全国署名の呼びかけ [nuke]

(転送歓迎)

これからも安心して住み続けたい!!
さようなら柏崎刈羽原発、全国署名の呼びかけ

中越沖地震から3ヶ月余り。この夏、浜辺は人がまばらでした。私たちが経験したこ
とは、紛れもない未曾有の「原発震災」でした。原発直下の地殻が動いたことで敷地
が波打ち、耐震設計の2倍を越えた揺れに襲われた原子炉は、深刻なダメージを受け
ました。

地元住民が30余年前から、軟弱な地盤や地殻変動の可能性を警告してきたにもかか
わらず、耳を傾けることのなかった東電や、原子炉の設置を許可した国の姿勢に私た
ちは大きな憤りを抱かざるを得ません。死者11名、重軽傷者1954名、全壊家屋1118棟
という犠牲を払い、活断層の真上にある原子炉とどうして共存できるというのでしょ
うか。

漏れないはずの原子炉建屋からは放射能で汚染された水が海へ、排気塔からはヨウ素
などの放射性物質が空へ、外れたブローアウトパネルから、ずれた排気塔ダクトから
も放射能が放出された可能性があるにもかかわらず、東電は検証するすべをもってい
ませんでした。何よりも、活断層の上に建つ原発など、存在が許されていいはずがあ
りません。柏崎刈羽原発は建ててはならない原子炉だったのです。

原子力安全委員会は耐震審査の誤りを認め、経済産業大臣は設置許可を取消すべきで
あり、東電は運転再開を断念すべきです。

私たちは県内地域で可能な限り多様な表現をめざしたいと思います。そのひとつとし
て柏崎刈羽原発の運転再開の中止を求める全国署名を始めます。全国の市民の声を知
事や市長、村長、東電や国に届けます。どうか趣旨に賛同いただき、署名に協力いた
だきますようお願い申し上げます。

●呼びかけ人
近藤ゆきこ(刈羽村)高桑千恵(刈羽村)伊藤久美(刈羽村)小林ハツイ(刈羽村)
田村栄子(刈羽村)武藤八重子(長岡市)山下とも子(長岡市)浅野ゆうこ(長岡
市)貝瀬ケイ子(長岡市)金子揚子(長岡市)大平美恵子(長岡市)若井由佳子(長
岡市)津野洋子(新潟市)大西しげ子(新潟市)高橋華枝(新潟市)中村とよ子(新
潟市)笛木百合子(新潟市)桑原三恵(新潟市)斎藤紀美江(燕市)渡辺加奈子(燕
市)小木曽茂子(津南町)高橋有美子(十日町市)春日みどり(十日町市)富井富士
子(十日町市)神田初枝(三条市)島田伸子(三条市)石山謙一郎(新潟市)大西洋
司(新潟市)金子貞男(長岡市)桑山史子(柏崎市)本間保(柏崎市)武本和幸(刈
羽村)近藤容人(刈羽村)吉田詩子(長岡市)和田めぐみ(新潟市)佐藤久美子(長
岡市)星野正夫(長岡市)川上カツイ(長岡市)遠藤豊(見附市)安藤ゆり(十日町
市)丸山由美子(燕市)星野淳(長岡市)橋本幸子(胎内市)桑原正史(新潟市)佐
藤剛志(新潟市)光井有里(新潟市)山崎末一郎(燕市)小野塚サチ子(長岡市)平
出糸子(新潟市)藤堂史明(新潟市)中村哲也(新潟市)八百屋りゅう(新潟市)広
川貴美子(長岡市)小川和美(長岡市) 9月末一次集約分

●署名用紙の請求、送り先
さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト
〒949-8204 新潟県中魚沼郡津南町谷内3162-2 小木曽茂子 
tel・fax0257−65−4890 kumasige@earth.ocn.ne.jp

●リーフレット、署名用紙(PDF版)はこちらから
プルサーマルを考える柏崎刈羽市民ネットワーク
http://www.kisnet.or.jp/~hanyu/mainpage.htm

さようなら柏崎刈羽原発、スタートイベント
★保安院開示、700枚の写真が語るもの(仮)
10月26日(金) PM7:30〜
三条市中央公民館
主催:柏崎刈羽原発について学ぶ会

★さようなら柏崎刈羽原発 映画とコンサートの集い
見えない雲上映、アフリカンドラム(予)、サムルノリ演奏(予)、トークメッセー
ジほか
11月3日(土) PM12:30開演
クロスパル新潟
主催:さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト

★運転再開YES、NO、?、街頭シール投票と署名
11月17日(土)長岡駅イトーヨーカドー前(街頭署名)
11月18日(日)AM10:13〜 新潟市万代シティー(シール投票、署名)

★原発直下で何が起こったのか ー柏崎刈羽原発の足下を暴く—
講演 立石雅昭さん(新潟大学、地質学)
11月23日(金) ホテルコシヒカリ(越後線白山駅下車、NHKとなり)
主催:脱原発をめざす新潟市民フォーラム

柏崎、十日町、旧吉田町でも計画中です。

★東電地域説明会
10月16日(火)PM6:30〜 刈羽村老人福祉センター
    17日(水)PM6:30〜 柏崎エネルギーホール

【第1部】
・中越沖地震における発電所の状況
・これまでの点検結果と今後のスケジュール
・地質調査について
・発電所内地盤・建屋の変動について
(中間報告)
【第2部】
・おハガキでいただいたご質問への回答
・会場での質疑応答


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

核情報 [nuke]

以下、核情報サイトより。
大手メディアでは、殆ど報道されていませんね。

昨年末の日本のプルトニウム保有量、核兵器5500発分

日本政府は、9月5日、2005年末の日本の分離済みプルトニウム保有量を約43.8トンとする新しいデータを発表しました(海外37.852トン 国内5.923トン)。

8kgが行方不明になれば核兵器が1発作られていると思えとする国際原子力機関(IAEA)の基準に従うと、約5500発分に相当します。使い道もないまま、六ヶ所再処理工場で試運転という名のプルトニウム生産が始まっています。

詳しくは、第35回原子力委員会定例会議資料「我が国のプルトニウム管理状況(pdf, 128KB)」をご覧下さい。



NPT再検討会議における六ケ所再処理工場運転無期限延期要求の声

NPT再検討会議に合わせて次のような六ケ所再処理工場運転無期限延期要求の声がでました。

5月5日
六ヶ所使用済み燃料再処理工場の運転を無期限に延期することによってNPTを強化するようにとの日本への要請
 米国のNGO「憂慮する科学者同盟(UCS)発表
 4人のノーベル賞受賞者やウイリアム・ペリー元国防長官を含む米国の専門家ら27人
*発表後マクナマラ元国防長官が加わり、署名者数は28人に
5月11日
 NGOプレゼンテーション(NPT再検討会議特別セッション)─ 英文pdf
5月24日
核不拡散体制強化のための日本のリーダーシップを求める要請——六ヶ所再処理工場運転の無期限延期の呼びかけ
 ピースボートと米国「社会的責任を考える医師の会(PSR)」発表
  呼びかけは上記2団体の他
日本側 ピースデポ、
米国側 ピースアクション及びNGO「軍備管理協会(ACA)」
 ノーベル平和賞を受賞したロートブラット・パグウォッシュ名誉会長ら世界各国の平和団体の代表者・専門家など18カ国の約180人が署名(6月14日最終整理)署名リスト
6月1日
世界の核兵器反対運動の声に耳を傾け、六ヶ所再処理工場運転無期限延期の決定を行うよう求める要請書
 ピースボート提出
 1. 及び2. を添えて小泉総理・衆参両院議長他などに届けたもの。
これらの文書の抜粋とNPT再検討会議におけるアナン国連事務総長及びエルバラダイIAEA事務局長の発言の再処理関連部分はここを参照




日本のプルトニウム・プログラムは、核拡散防止体制を脅かすとノーベル賞受賞者らが警告

UCS(憂慮する科学者同盟)は、国連のNPT再検討会議に参加している各国代表に対するブリーフィングで、六ヶ所村プルトニム再処理工場の運転を無期限に延期するよう日本政府に呼びかけるステートメントを発表。27人の著名な科学者・元政策立案者・アナリストらが署名したこの宣言(仮訳)は、日本の計画は年間8トンのプルトニウム ─ 核兵器1000発分相当 ─ を分離し蓄積することができるものであり、核拡散防止条約(NPT)を強化するとの日本の約束について疑問を抱かせると警告した。


ウラン濃縮及び再処理の開発を差し控えるよう求めるアナン国連事務総長

アナン国連事務総長は、3月21日付けの国連改革に関する勧告において、「ウラン濃縮及びプルトニウム分離の能力の自国における開発を各国が自発的に差し控えるようなインセンティブを創出することに焦点を合わせるべき」だと述べた。「軍縮と核拡散防止の両面における進展が極めて重要であり、どちらも他方の人質となってはならない」として、核保有国の核軍縮の努力を求めると同時に、核拡散防止措置の強化の重要性を強調した。
詳しくは...

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

核を本気で見直すべきとき [nuke]

以下は、『六ヶ所村ラプソディー』オフィシャルブログの記事「劇場公開スタート」からの引用です。

昨日は朝鮮民主主義人民共和国の核実験が行われました。地下実験ということです。「大国のみが核を保有しているのはギャングの理屈」と北朝鮮の国連大使は演説したとか。日本は今年から六ヶ所村でプルトニウムを、それも非常に純度の高いものを3~4トンも生産することになっています。その大国の中に日本も入っているような気配がします。 核廃絶への道のりがまたしても遠くなったような気がする一方で、果たして核兵器を今、現実に使用することができるのか?という疑問があります。すでに世界は原爆の破壊力を知っている。一発でも使ってしまえば、世界の終わりです。それを日本が一兆円かけて構築しているミサイル迎撃システムで打ち落としても死の灰は地球規模の汚染を引き起こすでしょう。また、地下実験が大気圏実験よりも環境保護的であるという事はありません。広範囲の地下水汚染が懸念されます。それはすでに米の地下核実験で起きていることで実証済みです。いかなる形であろうと核を使うことは使う側もまた被害を被ることを知るべきです。それこそ米が隠し続けてきたことです。まずアメリカが核を廃棄してゆくプロセスに本気になって取り組むことが解決への最速の道のりだと思います。 核廃絶へリーダーシップを発揮すべき日本が使い道のはっきりしないプルトニウムを生産することの意味を考える必要があります。これは世界が本気で核廃絶に取り組むきっかけとすべき事件ではないでしょうか?

kama

この鎌仲監督のコメントは、問題の本質をついていると思います。

私も、これをきっかけに核廃絶へ世界は向かって欲しいと思います。日本は被爆国として、プルトニウムの生産を止め、リーダーシップをとるべきです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

広河隆一さんの講演を聞いて [nuke]

先週の土曜日、フォトジャーナリストである広河隆一さんの「チェルノブイリの今」
と題したスライド講演を聞く機会に恵まれた。

広河さん話を聞いて特に印象的だったのは、放射能防護服というものは
現段階では世界中どこにも存在しない、ということ。

放射線には幾つか種類があり、アルファ線、ベータ線に関しては、
私たちがメディアなどで目にする「防護服」と呼ばれるもので防げるが
ガンマ線に関しては、現代の科学を持ってしても防ぎようがないという。

(つくったとしても、およそ1.5センチほどの鉛の板で、防げたとしても
その1/10程度に過ぎないという)

数年前の東海村での臨界事故が起きたとき、地元の消防、警察は出動したが、
自衛隊が事故現場には行くことはなかった。

なぜか?

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。