So-net無料ブログ作成
検索選択

10年ぶりとなる恩師との再会 [daily]

今から11年前の大学受験時代に、僕は、歴史学者である色川大吉氏の弟子にあたる江井秀雄先生から、日本史を教わっていた。

先月、その恩師と再会する機会に恵まれた。フォーラム色川に参加している方が、先生とお会いする日があるので、良ければ御一緒にどうぞ、と誘ってくれたのである。

10年ぶりにもかかわらず、先生は僕のことを覚えていて下さったようで、嬉しかった。先生は、当時と変わらないご様子で、お元気そうだった。

喫茶店でコーヒーを飲みながら、当時、先生が予備校で僕らに教えていたときの話で盛り上がった。

先生の日本史の講義は、本当に楽しかった。歴史というのは、こんなに楽しいものなのかと、当時の僕はそう思ったものだ。

当時、先生は明治期の民権派ジャーナリズムの研究をなさっていたので、この時代の講義は特に面白かった。高校の教科書や、いわゆる受験用の参考書等には載っていない内容だからだ(もちろん他の時代も同様)。

このときに僕は初めて、教科書に書かれている内容というのは、学術的に見れば、かなり古い内容のままになっていることを知った。従来の説が覆るような、有力な研究成果が出てきているのだ。

後から、blog上で知り合った酔流亭さんも加わり、居酒屋で飲むことになった。

先生が色川先生と一緒に、車でユーラシア大陸を横断するという旅(中公文庫、色川大吉『ユーラシア大陸思索行』)の裏話や、現在進行中の近世史の研究のお話、等々、お店の閉店まで続いた。

この日は、本当に楽しかった。

11年前、色川大吉氏のお弟子さんである先生から日本史を教わったことは、僕にとって本当に貴重なことだったと、今から振り返るとそう思う。

先週末のフォーラム色川の「現代史を読む」にも、(フォーラムに来られるのは久しぶりだったそうだが)先生は来られて、史料をどう読むかを、学者の立場から厳しく説かれた。

それは、自分の論を主張するのに都合の良い史料だけしか使わない論者たちへの痛烈な批判でもあった。

自由民権に輝いた青春―卓三郎・自由を求めてのたたかい (Grass Roots)

自由民権に輝いた青春―卓三郎・自由を求めてのたたかい (Grass Roots)

多摩近現代の軌跡―地域史研究の実践

多摩近現代の軌跡―地域史研究の実践

  • 作者: 江井 秀雄
  • 出版社/メーカー: けやき出版
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本
日本の歴史21―近代国家の出発 (中公文庫)

日本の歴史21―近代国家の出発 (中公文庫)

  • 作者: 色川 大吉
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫

タグ:歴史
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

酔流亭

こんばんは。
トラックバックありがとうございます。
国立は夜もいいですね。あの駅舎がいよいよ解体されてしまうのは残念ですが。
お茶を飲みに入った[ロージナ茶房]は、ワインなんかも飲めますから、あそこで一杯もいいですね。
それにしても、受験勉強時代に教わった日本史がこんなふうに生きているなんて、教えた江井先生も、教わった大使さんも、凄いです。
by 酔流亭 (2006-10-13 23:41) 

大使

酔流亭さん、コメントありがとうございます。
国立は良い所ですね。駅舎の解体の話をうかがったとき、一寸もったいない気がしました。
ロージナ茶房もかなり昔からあるそうですね。
江井先生から受験時代に教わったことは、その後の大学時代に生かしきれたかどうか、自分の怠惰な性格もあって、今から考えるとかなり疑問が残りますが、得たものは大きかったです。
by 大使 (2006-10-14 13:26) 

とりぬまぐみ

貴方様が記事に書かれた江井秀雄先生とは、私が30年以上前の高校生の時に世界史を学んだ講師の先生では………と思いまして書き込ませて頂きました。
世界史の授業にもかかわらず大きく脱線して、かつて日本人が中国大陸や朝鮮半島の人たちにした事をよく話していました。

先日、菅首相の談話が出ましたが、ネット上の中国・朝鮮半島での事は事実無根であるいう記事を見るにつけ先生の話を思い出します。

少ない手がかりから貴方様のブログにたどり着きました。先生はヨーロッパからアジアを車で横断した事、風呂に入る事が嫌いで、幼児体験から果物が食べられない話していました。私の考え方を大きく変えた先生は江井秀雄先生なのか、先生はお元気なのか知りたいのですが………。
by とりぬまぐみ (2010-08-18 18:30) 

大使

>とりぬまぐみさま

お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
11/23にフォーラム色川主催の色川大吉先生の『昭和へのレクイエム』出版記念講演がありますので、OBの江井先生も見えられるかも知れません。詳細は以下のURLをどうぞ。
http://www.irohokuto2010.com/
by 大使 (2010-11-16 07:47) 

さまぁ~ず

江井秀雄先生、懐かしいです。
ほんらいは、えぬいと表記するのだそうです。
昭和60年に某都立高校で日本近代史を1年学びました。
千葉卓三郎の五日市憲法の話、ユーラシア大陸横断の話など懐かしいです。
みゃくらくなく失礼しました。
by さまぁ~ず (2011-02-02 23:17) 

ミカヅキモ

江井先生の名前を検索していたら、こちらのブログを見つけました。
私も江井先生から30年前、高校で日本史を教わり、大変おもしろく、未だに日本史が大好きです。

つい懐かしく、コメントさせていただきました。
by ミカヅキモ (2014-07-13 22:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。